資料の探し方

検索方法の種類

簡易検索

基本的な検索方法です。検索語と資料の種類などを指定して検索を行います。

詳細検索

簡易検索よりも多くの検索項目が用意されています。細かい内容から資料を探したい場合に便利です。

同義語検索

シソーラス辞書(同義語辞書)を用いて検索を行います。1つの検索語に対し、同じ意味でも表記が異なる語句もまとめて検索します。あいまいな語句で検索を行いたい場合に便利です。
分類検索

図書館で登録されている分類表を展開させて検索を行います。大きなテーマから順にテーマを絞り込んで検索していきたい場合に便利です。

 

検索項目の種類

検索画面では幾つかの検索項目が用意されています。ここでは、主な検索項目について説明していきます。

タイトル

書名、シリーズ名、全集の内容から探せます。

著者名

著者、編者などから探せます。

出版者

資料を出した出版社、団体、個人の名称から探せます。

シリーズ

シリーズ名(叢書名)から探せます。

NDC

日本十進分類法に基づいた分類から探せます。

ISBN

各図書の識別のために与えられた番号から探せます。

内容細目

本のおおまかな内容から探せます。

一般件名

特定のテーマについて表した言葉から探せます。


演算子などを用いた高度な検索方法

【項目間をANDORNOTで掛け合わせて検索する】

複数の項目に検索語を入力する場合は、入力した項目間をどの掛け合わせ方式で検索するのか指定する必要があります。入力欄の右側にあるプルダウンメニューから、ANDORNOTを選択して下さい。

AND      →「A AND B」とすると、ABも含むデータが検索されます。

OR         →「A OR B」とすると、AまたはBのどちらかを含むデータが検索されます。

NOT      →「A NOT B」とすると、Aを含んでBを含まないデータが検索されます。

? を使用して前方一致検索を行う(キーワード検索のみ)

キーワード検索のみ、検索語の後ろに「?」を付けると、検索語の先頭から一致しているものを検索します。

例えば、「日本の歴史?」のように入力した場合、先頭からタイトルが「日本の歴史」というもののみ検索されます。

※前方一致検索とは、検索語の先頭から一致しているものを検索する検索方式です。
 

基本的な検索の流れ

検索語をキーワードとして入力します。

検索結果が表示されます。

検索結果一覧のタイトルをクリックするとその資料の詳細が表示されます。
著者や出版社の太い文字をクリックするとその内容で再検索をおこないます。